toggle

ご挨拶

ヴァイオリンとの出会いが、今のわたしにつながっています

img_5013

職人 坂本 勝さかもと まさる)

兵庫県姫路市生まれ。
中学生・高校生の時に吹奏楽部でユーフォニアムを担当し、音楽に夢中になる。
関西学院大学法学部政治学科へ入学し、大学の交響楽団へ入部。
そこで、トランペットを担当していたが、先輩からのすすめで、ヴァイオリンをすることになる。
渋々やり始めたヴァイオリンだったが、練習すればするほどヴァイオリンの魅力にはまり、学生時代は寝ても覚めても練習の日々を過ごした。
卒業後は、そんなヴァイオリンへの強い想いから、楽器に携われる弦楽器職人への道を選んだ。
「絃楽器NOSE」にて10年間の修業の後、2001年1月18日に独立した。

 お客さまを喜ばせたい、それだけです

楽器とお客さまが、しあわせであってほしい。

職人気質 なんて言葉がありますが、わたしにはそのような気持ちはありません。

自分が考えるものが全てではなく、実際にその楽器を演奏される方の気持ちや考え方、
それを最も大切にすべきだと考えています。

お客さまに喜んでいただいて、たくさん楽器を弾いてあげてほしい、そのために全力を尽くすこと、それがわたしの姿勢です。